<   2009年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Un Français sent 〜 フランスの匂い 〜  4

【チュイルリー公園にて】

ルーヴル美術館を出て、丁度お昼の時間だったので、美術館の前にあるチュイルリー公園でランチをすることにした私たち、
木陰のベンチに座り場所を確保、「ふぅ」っと一息ついた時、目の前にある『Paul』というサンドウィッチを売っているワゴンを見つけ、本場バケットサンドを食べようとお店を物色するも、サンドウィッチの大きさに圧倒され、おそらく食べきれないと断念。
日本から持って来ていたおにぎりがあることを思い出し、ひとまず空腹を満たそうとおにぎりでランチ。
さわさわと風に揺れる木の下で、フランス初のランチはおにぎり。
何か黒いものを頬張る東洋人に、行き交う現地の人々の視線が集まる。
「やっぱり珍しいのかな。」
と、母と笑いながら、素敵な景色を見ながらのおにぎりは、食べ慣れたものでも、格別なおいしさ。
それにしても、人がたくさんのこの公園、地元パリの人たちは、休日になると家族や、恋人と、または一人でとにかくよく公園を訪れるそうです。
たしかに広くて、美しい景色が広がるこんな公園が近くにあったら、別段遠くへでかけなくても、十分リフレッシュできると思いました。

f0175616_15184040.jpg

サンドウィッチを売っているお店『paul』



公園内には、小さな遊園地もカフェもあり、そこだけで楽しめるようになっています。
おにぎりで軽く腹ごしらえをした私たちは、広大な公園を横切り、オランジュリー美術館を目指します。
歩いていると、途中でカフェを見つけました。オープンエアーでお天気もよく、気持ちがよさそうなので、お茶をしていくことに。
カフェの国フランスで、カフェクレームを飲もうと思いつつ、周りの地元の人たちがおいしそうにビールやシャンパンを飲んでいるのを見て、私もシャンパンをオーダー。
フランスはシャンパンの国だからと自分で納得をして、おいしいシャンパンをいただきました。本場のシャンパンは驚くほど安く、そして美味しい!
シャンパングラスの中の泡が光を受けキラキラと奇麗にあがっていくのを見ていると、なんとも幸せな気持ちになります。
クレープも注文をしたのですが、こちらも本場、とても美味しかった。

f0175616_15185528.jpg

カフェ


ゆったりとした時間を過ごし、いつまでもここにいたい気持ちを押さえつつ、カフェの素敵なボーギャルソンにお支払いをして、美術館へ出発。
低木の続く公園の片隅で、ベンチに座って仲良く肩を組んでいる三姉妹とお父さん、お母さんの家族を見つけ、その後ろ姿が、なんとも印象的で、写真を撮ってしまいました。
きっと、仲が良い、幸せな家族なんだろうなぁと、私も三姉妹で、日本にいる妹達を少し思い出しました。

f0175616_1519134.jpg

旅の思い出の中でも、最も印象に残っているといってもいいくらい素敵なシーンでした。



【オランジュリー美術館】

別名『モネ美術館』とも呼ばれる、『オランジュリー美術館』に到着。
午前中は団体客優先と聞いていたので、この時間にくるようにしたのだけれど、入り口での厳重なセキュリティーチェックを受けるため、すぐに入館できず、しばらく並ぶ。
ルーヴルでもそうだったけれど、この国は美術館に入るとき、必ずセキュリティーチェックを受ける、我が国、日本との芸術作品に対する価値観の違いを実感。
チケットを買い、中に入ると、『睡蓮の間』がある。
モネの名画『睡蓮』が、円形の部屋に展示され、360度パノラマで見られるので、真ん中にある椅子に座っていると、いつしか睡蓮の咲く池のほとりにいるような錯覚に陥ります。
壁が白いのは、天井からさしこむ光の具合によって、絵画が時間によって、表情を変えてみえるように考えられているからだそうで、私が見た、午後の光の中では、睡蓮は生き生きと生命のエネルギーに満ちあふれているように感じられました。
奥の部屋へ進むと、『睡蓮』の横に座っている美術館員の美しい少女をみつけました。
『睡蓮』と美しい横顔が、絵画のように印象的な場面として、私の思い出の中に残っています。
長い時間、睡蓮の間で時間を過ごし、地下で『HENRI-JULIEN』という今まで知らなかったけれど、一目で大好きになってしまった画家の絵に出会い、大きくはないものの充実した作品をそろえている『オランジュリー美術館』に大満足。じんわり、じんわりと込み上げてくる静かな感動が、ずっと続いている気持ちで外にでました。

f0175616_15192783.jpg

オランジュリー美術館


f0175616_15193971.jpg

美しい絵画と美しい横顔



美術館がセーヌ河のほとりに位置しているので、ホテルに戻る前にセーヌ河のベンチで
休憩しようと歩き出すと、スイスから来たというおじいさんに声をかけられる。
「日本人を初めて見て嬉しかった!」
ということで、母と私と3人でオルセー美術館に一緒に行こうといってくださったのだけれど、今日は早めにホテルに戻ろうという予定だったので、お断りをする。
記念写真を撮って、さよならした。
初めてみるセーヌ河の景色は、映画で何度も見ていて、わたしの憧れの景色の一つ。ベンチに座って本を読むパリジャン、肩を並べて楽しそうにおしゃべりしている恋人たち、日常のワンシーンであろうその景色が全部「絵」になってしまうのがパリマジック!セーヌ河からホテルに向かう途中、コンコルド広場で見かけた老夫婦、私もいつかあの夫婦のような年齢になったら、人生の伴侶と一緒にパリに来たい、と思いました。
パリは大人が似合う街、だと思うのです。

f0175616_15201111.jpg

エッフェル塔

f0175616_15203284.jpg

セーヌのほとりで

f0175616_15204710.jpg

コンコルド広場。石像が今にも動きだしそうな雰囲気



【牡蠣とシャンパン】

ぐるりとパリを一周歩いてホテルに着いた私たち、本当に良く歩いたので、早めに夕食をとり、ゆっくり眠ろうと少し休憩をしてディナーへ向かう。
旅に出発する前、あまり予定を決めずにパリに来てからふらりと気の向くままに行動しようと思っていたので、レストランの予約もとっていませんでした。
私たちが宿泊していたホテルから一本向こう側の道に偶然見つけたレストランがあり、昨夜ホテルの周りをお散歩していた時に店先に新鮮な魚介が並んでいたのを見て、
「きっとシーフードレストランだわ!」
と気に留めていたレストランに行く事にしました。
偶然見つけたレストランでしたが、私たちが行った時にはほぼ満席、地元の人たちで賑わっていました。
新鮮なシーフードが楽しめる、老舗のレストランで、店内も素敵な内装で、そうとう古くからあるだろうと思われる建物を大切に受け継いで来たのだなぁと見てとれるお店。
何を頼んでいいかわからない私は、ちらりとお隣の席を見てみた。牡蠣や蟹、海老がものすごく大きなお皿に盛られたものを食べていて、
「フランスに来たら、牡蠣とシャンパン!」
と思っていたので、お隣と同じものをオーダー。
美味しい牡蠣や蟹をいただいて、ディナーを堪能した私たち。
とにかく、パリはワインとシャンパンが安いので、ホテルが近いのを良い事におしゃべりとお酒に花を咲かせる女二人。
「今日は早めに眠ろう。」
と言っていたのに、店内に流れるシャンソンの名曲を聞きながら、夜更けまで飲み続けた私たちなのでした。



f0175616_19363216.jpg

シーフードのおいしいお店『 La Taverne 』
[PR]
by nanayecao | 2009-03-07 19:54 |

Un Français sent 〜 フランスの匂い 〜3

【 休日は本当に休日 】
f0175616_15233236.jpg

パリに到着して二日目、前日の旅の疲れもあってか、朝少し、遅めの起床。
私達が滞在しているホテル『ミレニアムオペラ』は、「オぺラガルニエ」にほど近く、観光するにも、お買い物をするにもとても便利。
部屋の窓から見える景色は、私が長く想い描いていた「パリ」そのもので、
旅の思い出の中でも忘れられない景色となっています。
1階のレストランで朝食をとりながら、一日の予定を考える。
出発前にお友達から聞いていた、
「パリの日曜は、どこのお店もお休みだよ。」
という事を考えると、「ギャラリーラファイエット」へ行きたい気持ちを押さえきれないものの、その情報を信じて、美術館へ行くことにする。
「ルーブル美術館」と「オランジュリー美術館」へ名画をゆっくり時間をかけて見に行こうと思う。
朝食を終え、一旦着替えのため、部屋に戻る。
日本から持参したガイドブックの地図のページを破りとり、バッグに入れる。
いざ、出発!
パリの地理感を養おうと、歩いてルーブル美術館を目指した私達。
初めてみる街並み、歴史の重みを感じる建物に、
「ああ、パリにきたんだなぁ。」
しみじみと実感。
歩き出して、数分、観光名所の一つである『オペラガルニエ』に到着、よく晴れた青空に、建物の白がよく映えて目の前の景色がまるで絵画のよう。屋根の上で可憐に輝く金色の天使も、空の青さに目を細めているようで。
それにしても、街のどこのお店を見渡してもお休みで開いていない。
聞くところによると、パリのデパート『ギャラリーラファイエット』と『プランタン』も今日はお休みとのこと。
日本なら、一番デパートが忙しい日なのに!早速感じる文化の違い。
お友達の『休日は、本当に休日』という情報は本当でした。

f0175616_1524681.jpg

オペラガルニエ


【 世界で一番の美女に会いに。 】
『オペラガルニエ』からオペラ通りをまっすぐ歩いて行くと、突き当たりにルーヴル美術館があります。
世界一の美女『モナリザ』が眠る世界で最も有名な美術館の一つ。
日曜で、街中のお店がお休みのせいか、午前中の早い時間というのにたくさんの人がいました。
リヴォリ通りに面して長く続く建物の壁の途中、お城の門のような所をくぐり抜けると、美術館のメイン入り口、ガラスの巨大ピラミッドが出迎えてくれます。
私たちもピラミッドの前に列を作っている人たちと一緒に、順番を待ちました。
エレベーターに乗って地下へ降りると、受付ホールに到着、
チケットを買って、いよいよ、『モナリザ』とご対面です。
とにかく膨大な数の美術品が所蔵されているため、ゆっくり全てを見ようと思ったら、1日では見終わらないということで、あらかじめ、見たい作品をピックアップしておいた私たち、『ナポレオン1世の戴冠式』や、『民衆を導く自由の女神』など、美術に詳しくない人でも、きっとどこかで見た事があろう名画が次々に現れて、大興奮。
『モナリザ』が飾られている間には入場規制があるため、私たちは胸を躍らせて、順番を待った。
そして、『モナリザ』に会えました。世界一の美女は、静かに微笑みを浮かべた表情で、じっと見に来た人々を見つめていましたが、その瞳には強い生命力を宿していて、
私は、
「生きているのかもしれない。」
と少しだけ怖くなりました。夜中に一人で、歩いて、ルーヴル美術館の作品を見て回っているのかもしれないと思えるほど、エネルギーを強く放っていました。
一緒に行った母も、同じ気持ちになったようで、
「近くで見たら?」
という私に
「なんか絵の中に吸い込まれそうだから、ここでいい。」
と遠くから見ていたくらい。
名画といわれる作品は、きっと元々すばらしい作品であるのに加えて、その絵を見たいと思う人々の想いや、見る人間の気を得て、さらに強いエネルギーを蓄えて行く。
そして、そのエネルギーが、見る人の心を動かし、「名画」といわれる作品になるのではないかしら?と思いました。
美術館を堪能し外へ出ようとした時、前に並んでいた人が、口笛でCOLDPLAYの『VIVALA VIDA』を吹いていて、その歌が大好きな私は鼻歌でそっとハモったら、
彼はにっこり笑い、頷いて、その時に言葉はなかったけれど、
「君もこの曲すきなんだね!」
と言っているように思えて、言葉が通じない遠い外国で、同じ気持ちを分け合える、音楽って素晴らしいと、ここでもまた一つ芸術の素晴らしさに感動しました。
話はそれてしまいましたが、そんなエピソードも携え、私たちはルーブル美術館を後にしました。

f0175616_15244370.jpg


f0175616_15245313.jpg

ルーブル美術館
[PR]
by nanayecao | 2009-03-05 22:21 |