<   2009年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Un Français sent 〜 フランスの匂い 〜  7 ( モンサンミッシェル 後編 )

f0175616_14531360.jpg

教会のてっぺんには金色に輝く大天使ミカエルがいました。

急な坂を上り、サンピエール教会を見て、修道院へ到着。
8世紀に建てられた修道院は、歴史的背景により何度か改築されているので、ゴシックとロマネスク様式が入り混じった建物で、そこには大天使ミカエル像が建っている。
聞くところによると、大天使ミカエルは「最後の審判」の時天国へ行くか地獄へ行くかを決める権限を持った大天使で、私は心の中で、
「その時は、お願いします。。。」
と繰り返し、祈ってしまった。
大天使ミカエルが金色に輝いて、静かに私たちを見つめていたが、その顔はかすかに笑っているように見えた。
ミカエルの像を見た後、私はとある彫刻に目を奪われた。その表情が、苦しみとも、悲しみとも、慈悲とも言えず、何だか目が離せなくなってしまった。
こういう所にある彫刻はだいたい穏やかな慈悲に溢れた笑みを浮かべている表情か、逆に罪から逃れる人々や、何かを懇願するような表情のものが多いのだけれど、この彫刻は今まで私がみた事のない表情で、切なくなってしまった。

f0175616_14534256.jpg


f0175616_145432.jpg

色々な国の人と説明を聞く。


f0175616_14543272.jpg

なぜか、目を奪われた、石像。長く足を止めて見入ってしまった。



その像に後ろ髪をひかれる気持ちで、修道院を後にし、中庭や、かつて食料を運ぶ為に囚人に引かせていたという人力車輪、食堂などを見て、島の入り口へ戻る。
見学中、デジタルカメラの充電器を日本に忘れて来てしまったという先ほど仲良くなったカップルの記念写真を撮ったりしながら、一緒に散策していたので、すっかり仲良くなった私たち、
「パリで飲もうよ!」
ということになり、パリに着いたら一緒にディナーをすることになった。


f0175616_1455372.jpg

修道院の中庭、ここで薬草などが栽培され、お薬や、化粧品になるそうです。

f0175616_14551693.jpg

修道院のステンドグラス。修道院なので、イタリアの教会などにある絢爛豪華なものではなく、質素で美しいもの。

島に到着した時は干潮だったけれど、帰る頃には潮が満ちて、周りは海に囲まれていた。
「生涯に一度!」
の夢が実現して大満足でした。


f0175616_14553199.jpg

名残惜しく、いつまでもバスの中から眺めていた。


バスに乗り、再びパリへ。
島から本土へ向かう道路の途中で、小さくなっていくモンサンミッシェルをいつまでも見ていた。
帰りのバスで、携帯電話から日本に居る大切な人たちに写真付きでメールをした。
この感動が時と供に色あせたり、カタチを変える前に、そのままで伝えたかったから。
帰りのバスでは、もうぐっすりで、1時間くらいで着いたように短く感じた。
夜9:00近くというのに、パリは夕暮れの一番美しい時を迎えていて、
エッフェル塔、セーヌ河は金色にきらきらしていて、河を渡る船や、橋で寄り添う恋人達、夕日が映す凱旋門のシルエットを見ていたら、
「これが本当にパリなんだ!」
と、パリの美しさは日常の中にあるんだなぁと心から思って、
観光客である私を少しだけパリが受け入れてくれた気がしました。


f0175616_14555589.jpg

夕焼けに映える、エッフェル塔



f0175616_14561317.jpg

解散した場所の近くのお店の看板犬。私も実家でダルメシアンを飼っているので。


朝、集合した場所で解散した私たちは、ツアーで知り合ったカップルと、チュイルリー公園にほど近いカフェでディナーをした。
お酒に強い彼女と、お酒は強くないけれど、楽しいから飲んでしまった彼、昔から知っている物同士のようにお互いの話をたくさんして、日本に帰ってもまた会おうと約束するくらい仲良くなれ、素晴らしい時間を過ごすことが出来ました。
「旅の醍醐味は出会いだ。」
と私は思っています。日本では出会う事がなかったかもしれない人と、遥か何千キロも離れた異国で偶然出会い、時間や思い出を共有する。
そして、そういう出会いは私の人生の財産になる。お金では買えない尊いもの。
「また日本でね!」
と手を振りとても楽しい気持ちでお別れをした。
おいしいシャンパンとワインをたくさんいただき、良い気分の私と母は、
タクシーに乗らずホテルまでパリの街を千鳥足で歩いた。
光輝く街並、美しい景色を見ながら、母と娘、二人でぐんぐん、腕を組んで歩いた。
どこまでも行けそうな気がした。
あと何回こういう機会に恵まれるだろうと思いながら。
ホテルに到着した私たちは、早朝からの1日の小旅行の美しい思い出を胸に、
言うまでもなくベッドに倒れ込んだのでした。。。


f0175616_14562847.jpg

すごく「いい顔」の二人。モンサンミッシェルで出会った二人です。
[PR]
by nanayecao | 2009-08-12 19:41 |

Un Français sent 〜 フランスの匂い 〜  6 ( モンサンミッシェル 前編 )

【 一生に一度はが実現した日。 】

f0175616_14594845.jpg



今朝は、とても早起き。まだ陽が登りきらないうちに身支度をして出かけた。
早朝のパリは、静かで、美しい建物の輪郭が一段と際立って見える。
現地の旅行代理店はチュイルリー公園の近くにあり、集合時間に随分余裕を持って到着した私たちは、その界隈で一番早く店を開けたカフェで、だんだん明るくなっていく街をみながら贅沢な時間を過ごす。
夕暮れと、明け方は、景色を美しくするマジックがあると思う。
旅先で覚えている景色は、有名な観光名所の有名な建造物よりも、どこかで見た夕暮れの街の景色や、明け方の海の景色だったりする。
集合時間がきたので、現地旅行代理店で、手続きをすませ、いざ念願のモンサンミッシェルへ。
日本人とスペイン人の観光客を乗せた、大きな二階建てのバスは、凱旋門、エッフェル塔など、パリの名所を抜け高速に乗り、一路ノルマンディー地方へ。
片道4時間半の長い道のり。
珍しい景色に、はじめはきょろきょろとしていたものの、1時間も走ると農業国フランスらしい、のどかな田園風景が続く。
早起きをしたため、眠気が襲ってきたので、うとうととしていると、あっという間に2時間が過ぎ、休憩のサービスエリアへ到着。
7月といえども、曇りのせいか、随分肌寒く、温かいチョコレートドリンクが飲みたくなる。
飲み物を買っている列に並んでいると、やさしそうなおじさんがにこにこして、飴をくれた。
お連れの女性に話しているのを聞くところによると、どうやら、私を日本から来た子供だと思っているらしい。
海外に来て、知らない人と接することが旅の醍醐味だと常々思っている私は、とても嬉しい気持ちになり、ありったけの笑顔で
「メルシー」
と言った。おじさんは満足げに何度もうなづき、手を振ってくれた。

少し長めの休憩をとった後、バスは再びモンサンミッシェルを目指す。
ガイドさんが、長時間の旅の退屈さをどうにか楽しい時間にするために、モンサンミッシェルにまつわる逸話をして、バスの中の空気を和ませてくれた。
その昔、聖オペール司教が夢で大天使ミカエルのお告げを聞き、修道院を建てたと言われているモンサンミッシェル、その後政治的背景により、牢獄になったりもしたけれど、現在は修道院として存在しているけれど、世界遺産に認定され、1870年に、島と本土をつなぐ道路が出来てからは自由に行き来できるようになり、世界中からその姿を一目見ようと数多くの観光客が訪れている。
「聖オペール司教が夢でお告げを聞いたと言われている家が、この辺りだったそうです。」
とガイドさんが言うので、窓の外を見てみる。なぜだか昔からノルマンディーだとか、ブルターニュだとかいう言葉を聞くと胸が締め付けられるような気持ちになり、
窓の外の景色を見ると、やはり同じ気持ちになる。懐かしいような、恋しいような気持ち。
バスはいよいよ、モンサンミッシェルと本土をつなぐ道路にさしかかり、車内がざわざわとし始める、みんな自然にテンションがあがっているようだ。
周りの景色は、私が思い描いて来た、古き良きフランスがそのままに、というか、のどかな田園風景の中に、かわいらしい赤い屋根の小さな家が並び、窓際には色鮮やかな花が咲いている。そして、とうとう、モンサンミッシェルはその姿を現しました。
テレビや、本や、写真や、本当にたくさんの媒体で見て、
「生涯に一度は見てみたい、行ってみたい!」
思い続けてきたモンサンミッシェルが海の向こう側にあると思うと、
「すごいね、すごいね。」
と自然に言葉が飛び出して来る。
私たちを乗せたバスは、道路を渡り、モンサンミシェルに到着しました。


f0175616_1501072.jpg

対岸から見たモンサンミッシェル。ここからの方が全景を見渡す事が出来、イメージしていたモンサンミッシェルそのものの姿を見る事が出来る。

朝早くパリを出発し、時刻はお昼ご飯の時間。到着してすぐにランチに向かう。
モンサンミッシェルがオムレツ発祥の地だと言う事で、ガイドさんがツアー客を引き連れてお店を案内してくれた。
1テーブル4人席で、私と母は二人で座っていると、新婚旅行らしきカップルが
「こちら、いいですか?」
といって、私たちの前に座った。ここの名物のオムレツの他に、りんごで作ったお酒シードルが振る舞われ、ちょっとお酒が入った私たちは、お互いの家族構成、なぜこのツアーに参加したのか、そして住んでいるのが三重県で、私たちの住む名古屋と近い事等話し合い、食事が終わる頃にはすっかり意気投合してしまった。
肝心の名物「オムレツ」は、感動的な美味しさという訳ではなかったけれど、旅の途中での出会いに嬉しい気持ちになる。

f0175616_1503874.jpg

オムレツ発祥のお店の看板。私たちがいただいたのはここのオムレツではありませんでした。


食事を終え、巡礼島の散策へ出発。島の入り口にある重々しい「王の門」が私たちを出迎えてくれた。その昔、侵入者、脱獄者を許さなかったであろう跳ね橋は、モンサンミッシェルの長い歴史をここでずっと見て来たのだろう。
修道院へ向かう道はホテルや、レストラン、お土産屋さんがひしめき合って立ち並び、たくさんの観光客で賑わっている。お店とお店の間には、人が3人並べるかどうかの細い道が、修道院まで続いている。


f0175616_151011.jpg


f0175616_15117100.jpg


f0175616_1513236.jpg

中世ヨーロッパンの街並を色濃く残す場所。お店の看板がとてもかわいい!
[PR]
by nanayecao | 2009-08-11 22:36 |