<   2010年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

大人の、恋

f0175616_2323823.jpg


今、次号の取材の為の資料を読んでいます。
資料としていただいたはずのお店の小冊子、
オーナーの宮さんの文章に
時に地下鉄で、お家のソファーで、
どうにもこらえきれずに涙がでてしまう。

まだ「オーガニック」という言葉が耳慣れない頃から、
長く素晴らしいお仕事を続けてこられ、
名古屋のオーガニックカフェの草分け的存在であるお店のオーナーさんは、
お野菜に恋をして、
少女のようにいつも胸をときめかせ、
そんな気持ちでお料理に向き合う素敵な女性。
出会えた事に感謝しています。

先日そんな、宮さんに身に余るお言葉を頂戴し、
本気で心が揺れる、ということがありました。
でも、私には心に決めた仕事がある。
だから、宮さんと、お店とは大人の恋のような
おつきあいが出来たら、と思ったのでした。

幼い頃は、答えは一つ。
「私はあなたが好き。」
「僕も君が好き。」
または、
「僕は君が好き。」
「私は、別の誰かが好き、だからさようなら。」
とてもわかりやすいものだった。

でも、年を重ね、大人になるにつれ、
たくさんの人と出会い、経験をして、
色々な人の恋を見ているうちに、
恋が一つのカタチだけではないなぁという事を知りました。

ご縁があって出会い
事情があって結ばれることはないけれど、
お互いの存在が生きる励みになるような、
その気持ちが、心を強くするような恋。
そんな大人の恋もあるのだなぁと。

恋は結ばれると、
その気持ちは愛情へと変わり、
ぶつかったり、
むきあったり、
慈しみ、
育みあいながら
生活や人生をともにし、
のちに子供を授かったり、
共に過ごした歴史が、
いつか絆になって
普遍的なものに近づいていくような気がするけれど。

結ばれなかった恋はずっと恋のままだから、
その純度を保とうと、
その甘やかな関係を持続させようとすると、
適度の緊張感と
努力が必要。

私は宮さんと、お店とそんな関係になれたらいいなぁと思う。

きっと宮さんもお店も、ずっと、ずっと輝き続けるだろう。
私にとってそうであるように
「ああ、がんばってるな。」
いつ会っても新鮮な気持ちで見てもらえるような、
そんな仕事が出来るような人になれたらいいなぁ。

単純ではないだけに、
持続するには、ハードルが高い大人の恋。
でも、絶対に終わらせない。

終わらせないと決めたから。

f0175616_0115625.jpg

私の為に用意してくださった資料。
丁寧に、一つ、一つ、付箋を貼ってくださっていました。
[PR]
by nanayecao | 2010-09-28 00:12

週末の出来事 2

f0175616_22363559.jpg

インドのオーガニックコットン農家を支援する「アグロセル」のサイレシュさんと
フェアトレード「ピープルツリー」の高井さん。
貴重なお話を聞かせていただき、ありがとうございました。

今日は、「フェアトレードとオーガニックコットンの話」というイベントへ出かけました。
オーガニックコンシェルジュの資格を取得してから、
色々勉強していく上で私が最も興味を持ち、また深刻な問題を抱えている現状にあるオーガニックコットン事情。

私たちが普段生活している上で、お洋服、タオル、フキン、お化粧の時に使うカット綿等、コットンで作られている製品は気にしていなくともたくさんあります。
そのコットンはどこで栽培され、どのように製品加工され、どのような流通で私たちの手元に届くのでしょう?

世界において最もコットンの生産量が高い国の一つインド、
そのインドでコットンを栽培するにあたって、年間6万人もの自殺者がいる現状、
科学肥料を大量に使用することで、人体や、土壌に与える影響、
お話を伺うと、私たちの知らないところで胸を痛めるような事がたくさん起こっている事を知ります。

今回お話を伺ったインドのグジャラード州にある「アグロセル」は、そんな社会的立場の弱い小規模の農家を支援する団体で、
オーガニックコットン、フェアトレードの普及、オーガニックコットンの生産者の支援を行う他に、
女性が仕事を持ち、自立し、収入を得るプログラムや、子供達にきちんとした教育を受けさせることを応援しています。
そうする事で、インドの未来が、世界の未来が変わるという事を「アグロセル」は活動を通して教えてくれます。

私たち消費者が購入したものに対して、正当な賃金が払われさえすれば、生産者の生活も安定した暮らしができる。
冷静に考えれば、当たり前の事なのだけれど、その「当たり前」の事ができていない悲しい現状なのですね。

この短い日記では書ききれないほど、色々勉強になったし、
たくさん考えさせられる事があったこの講演。

一番感じたのは、「知る」ことの大切さです。

「安い」ものには「安い」理由があります。
「高価」なものには、「高い」「価値」があるのです。
「安く買えてハッピー!」でもそのハッピーの裏側でハッピーでない人たちがいるとしたら?

安いものが決していけない訳ではありません。
「安い」理由を知るべきだと思うのです。
そして、その価値をきちんと知る人になりたい!
と強く思った素晴らしい講演でした。

オーガニックコットンと、フェアトレードのお話は
またゆっくり、別の機会に。

フェアトレード「peopletree」http://www.peopletree.co.jp/fairtrade/index.html
[PR]
by nanayecao | 2010-09-26 23:06

週末の出来事 1

f0175616_21514886.jpg

私の尊敬するアーティストであり、プライベートでは良きおねえさんでもある
井上アコさんの展示会の様子。
作家さんに作品の紹介をしていただけるなんて、恐縮です!
f0175616_2255960.jpg



土曜、日曜と内容の濃い、実りある素晴らしい時間を過ごさせていただきました。

土曜は、夕方17:00頃、お仕事で名古屋は一社にある「ポランの広場」さんへ!
これまた別のお仕事で来ていた、私の尊敬するアーティストさんでもあり、
プライベートでは良きおねぇさんでもある服飾作家の井上アコさんと、
オーナーさんと不思議なトライアングルミーティングを。
お仕事が一段落した後は、みんなで色々お話をしました。
とても充実した時間。
ここでお話した事は、私にとってとても意味のある、大切なお話なので、
じっくり寝かせて、何かのカタチにかえてお話したいと思います。
アコさん、宮さん、貴重な時間をありがとうございました!

その後、ポランの広場さんと同系列のお店、「ゾンネガルデン」さんへ
アコさんの展示会を見に行きました。

アコさんの作品は、一目みただけで
「アコさんの作品」
以外何ものでもない、アコさんだけにしか作れなくて、
絶対アコさんのものとわかる作品。
私が常々めざす、
「他の誰にも変わりがきかないもの」
を、生み出せる素晴らしい作家さんです。
プライベートでも本当に姉妹のようにかわいがってくださるアコさんですが、
創作、お仕事の姿勢は、とても影響され、
アコさんに出会えなかったら、絶対今の私はいなかったなぁと思います。

そんなアコさんは、現在雑誌「天然生活」他でも大活躍、
10月にはフェリシモさんのイベント「ライブ刺繍」が
ウィル愛知で開催されます。
私も、めいっこちゃんを連れて参加したいなぁと思っています。
詳細はHPで

井上アコ「クチルポホン」 http://www.kecil-pohon.com/

f0175616_22273315.jpg



ひとしきり話した後、アコさんのお誘いで、場所を移して、北欧雑貨のお店「ミシュカ」さんへ。
ミシュカさんはスウェーデン出身のご主人と日本人の奥様が経営される
素敵な雑貨のお店。
私は、ミシュカさんへお邪魔するたび、その清らかな空気感に
なぜか温度が1、2度低く感じるような錯覚に陥ります。
本当に北欧の森の中にいるような静謐な空気に包まれます。

そんな「ミシュカ」さんが定期的に行っているイベントの最終日で
「キノ・イグルー」さんによる短編アニメーションと
アイリッシュハープの吉野さんとアコースティックギター影山さんのユニット
「tico moon」さんのライブというスペシャルなイベントでした。

f0175616_22261160.jpg


もう、そのイベントの素晴らしいことといったら!
ここが名古屋のとある住宅街であるなんて忘れ、
本当に、北欧の森の中にいるかと思うような、
静かで、優しくて、すべてが清らかで、
空間ごとどこかへタイムトリップしているような気持ちになりました。

ものすごく充実した1日。

興奮して、なかなか眠れなかった。

キノ・イグルー http://kinoiglu.cocolog-nifty.com/

tico moon http://www.ticomoon.jp/
[PR]
by nanayecao | 2010-09-26 22:28

あれ?気がつけば。。。

f0175616_2157252.jpg

あれ?気がつけば、すっかり秋の空。
住み慣れた街の景色もふとした瞬間に美しい景色を見せてくれる。
これが、私が常々表現したいと思う、「日常のファンタジー」


最近は、打ち合わせ、原稿、収録、
またミーティング。。。
仕事、仕事、ひたすら仕事です。

とても充実している毎日。
持てる力の限り動いて
「明日もがんばるぞ〜!」
と思って眠り、
「今日もがんばるぞ〜!」
と目覚める毎日。

あれ?気がつけば。。。私忙しいんだ。

あれ?気がつけば。。。最近「作る事」がちょっとだけお休みしています。
私にとって一番大切なことだもの、
そろそろそこに本腰を入れないと!

でも。。。あれ?気がつけば。。。
私はとても幸せなんだ!と
幸せを噛み締める毎日。
[PR]
by nanayecao | 2010-09-23 22:06

「Veggy STEADY GO!」Vol.12

f0175616_01425100.jpg

「Veggy STEADY GO!」Vol.12 キラジェンヌ

私がコラムを連載させていただいている 「Veggy STEADY GO!」Vol.12、
絶賛発売中です。

最新号は相武紗季さん、塚本高史さん、MAKIDAIさん主演の映画
「恋するナポリタン」とのコラボレーション企画。
劇中で登場するお料理をVeggy風にアレンジしています。
レシピで気になっているのが、
「パプリカのマリネ」
おいしそうなので、早速作ってみよう!と思っています。

また、今回はマクロビオティックの特集でもあります。
マクロビオティックは食べ物の持つ「陰」と「陽」の性質に基づき、
住んでいる土地や環境に適した食物を取り入れ、
心身ともに環境に調和し(身土不二)、一物全体(皮も根もまるごといただく)
という食事の方法で、
なんだか難しい感じがするけれど、
そこが「Veggy STEADY GO!」
解りやすくかみくだいて、目にも美しく教えてくれます。
マクロビオティックに興味がある方にとってのよい入り口になると思います。

マクロビオティックの基本である玄米、
夏はなかなか重い感じがするのですが、
少し涼しくなって来たので、食べやすく感じます。

何より、私は玄米を食べると翌日のお肌の調子が
明らかに違ってくるので、
お家でご飯を作るときにはほとんどが玄米です。

厳密にいうと、季節によって炊飯器、圧力鍋、土鍋で
炊き分けるそうなのですが、
私は圧力鍋で炊いた玄米が一番食べやすく美味しいと感じるので、
我が家は炊飯器で。
何より食事は「美味しい」」が一番大切ですもの!
[PR]
by nanayecao | 2010-09-23 00:33 | 雑誌

恋愛標語?

f0175616_2126253.jpg


とあるビルでみかけた標語。

「え?こんな所に恋愛についての標語?」
と思ってしまった私。

いえいえ、火災防止の標語でした。

こんな風に日常の中にはちっちゃな面白い事が本当にたくさん!
[PR]
by nanayecao | 2010-09-08 21:28

チームyoggy!

f0175616_043525.jpg


今日、久しぶりにyoggyメンバーに会いました。
10月にホーリーとうっくんの結婚式があり、
そのお式の司会をお友達のなおちゃんがする関係で、
yoggyメンバーで食事会をしようということになったのです。


f0175616_0453590.jpg

お店がまるで自分たちの家と化しています。


2004年に名古屋に「スタジオヨギー」が出来ました。
立ち上げの時に私がお店の受付のお手伝いをしたのをきっかけに
ずっとよいおつき合いをしているメンバー。
みんなあれから色々な経験をして、たくさん成長したけれど、
出会ったときから、根っこの部分で向き合ってきたから、
いい意味で変わらないというか。
そしていつも、
「かおちゃ〜ん。」
と仲良くしてくれるかわいい妹や弟たちなのです。


f0175616_0493294.jpg

そんな大好きな2人がめでたく夫婦になりました。
本当に嬉しい!

今日はうっくんが去年、半年と2ヶ月旅していたアメリカの話や、
みんなの近況を聞けて、
楽しい時間を過ごせたのと同時に、
またまたエネルギーをもらえました!

これからも、ヨガの教えではないけれど、
あるがままを受け止めて、
柔軟に生きて行きたいね。
そして、「人生を楽しむ」事を大事にしたいと思いました。

また会おうね!
[PR]
by nanayecao | 2010-09-08 00:52

温度

f0175616_23271347.jpg

昨日のブログに書いたちえさんのブログに、
ちえさんが私の事を書いてくれました。

それが同じ気持ちで、
同じ気持ちの温度というのがとても嬉しかった!

http://ameblo.jp/hirose-chie/page-2.html#main

お友達でも、
恋人同士でも、
家族でも、
いつも同じ気持ちの「温度」ではないから、
どちらかが高くてどちらかが低かったりして
シーソーみたいだと思う。
でも、その温度が同じ瞬間があるということは、
やっぱり「特別」だという事。

毎日、何年も同じ時間の地下鉄やバスで会うのに、
結局ずっと「知らない人同士」のままの事が多いのに、
出会った誰かが、
どんなカタチにしても
「特別」になるってやっぱり素晴らしい事よね。
[PR]
by nanayecao | 2010-09-06 23:27

初デート

f0175616_21115783.jpg

名古屋でただ一つのモロッコ料理のお店で。
ベリーダンスも見られて、異国に来た気持ちがしました。


今日、私がずっと
「いつか会えたらいいなぁ。」
と思い続けていた人と初デートでした。

6月のとあるイベントで奇跡?の出逢いを果たし、
その日に急速に距離が近くなり、
「食事でも!」
とその後もメールのやりとりはしていたのですが、
お互い忙しく時間が合わず、
ずっとお預けになっていた初デートが今日でした。

メールの内容といい、
ちょっと押しの強いところといい、
デートの誘い方まで、私のツボをピンポイントで押さえていて、
「会ったら、絶対仲良くなれるだろうなぁ。」
と確信していたのです。

f0175616_2113272.jpg
f0175616_21124187.jpg

ひよこ豆のフムスとベジタリアンクスクスとサラダ。とっても美味しかったです。


f0175616_21132114.jpg

そのお相手、廣瀬ちえさん。
ちえさんはマクロビオティック料理人で、ケータリングやイベントの企画等もされている、
スーパーウーマン。
お料理で人を幸せにしたいという熱意でお仕事をされている素敵な女性です。
今はさかなくんと一緒に東海テレビの番組
「みんなでCOP10!さかなクンのぎょぎょっとエコクッキング」に出演しています。
雑誌でコラムをかかせて頂き始めてから、
「いつか会いたいなぁ。」
とずっと思い続けていたのですが、
出会った瞬間、お互いの中に似たところを見つけたのか、
すっかり意気投合して、
「運命よね!」
と今日も話していた所。
ちえさんが男の人だったら、絶対恋したなぁと思うくらい、
「男前女子」なのです。

そして、「プロジェクト3」という女性による女性の為のイベントの為の
プロジェクトを発起しました。
これからどう展開していくかとてお楽しみなのです。

人は出会うべくして出会うと、何かしら導きだされるなぁと
常々思っていて、
今日もそれを実感した日。
こういう出逢いは本当に神様からのギフトと思ってしまう。

来月には「プロジェクト3」の首脳会議が開催される予定。
「ああ、楽しみが増えたわ!」
と思いました。

私ともども、廣瀬ちえさんを応援してくださいね!

廣瀬ちえ CHIE'S KITCHEN http://www.chies-kitchen.com/

廣瀬ちえBLOG http://ameblo.jp/hirose-chie

「みんなでCOP10!さかなクンのぎょぎょっとエコクッキング」

番宣
http://www.youtube.com/watch?v=uAvlmMSeLOY&feature=channel

第1回放送
http://www.youtube.com/watch?v=HBEjPO6YaOI

第2回目放送
http://www.youtube.com/watch?v=5yefyqc_HW4&p=4B0F3233E554F6D0&index=3


。。。そして帰り道、地下鉄をおりたら「BONE IDOL」TAKUYAさんにばったりお会いしました。
そして、密かに進めているプロジェクトの話を聞いて、嬉しくなる。
こっちもとても楽しみ!

今は追い風にのって、行けるところまで行ってみたい、そんな気持ちです。
[PR]
by nanayecao | 2010-09-05 23:17

日常的フランス会話

f0175616_10324830.jpg

名古屋は久屋大通り公園側のとあるビルの一室にての会話。
パリのカフェで繰り広げられているようなある日の日常会話。
(かお→か Hくん→H)

前略

か 「ねぇ、Hくんさぁ、執着ってある?ものとか、お金とか?」
H  「そうですね。。。(しばし間があく)。。。金!嘘です。
僕そういわれたらあまりないかも。 」
か 「そうだよね、Hくんなさそうだもんね、いい意味でこだわりがないというか、
自由というか。」
H 「かおちゃんは何かありますか?」
か 「。。。ものとか、お金とかにはあまり執着はないかなぁ。でもあえていうなら【人】かなぁ。
   私すごく友達や、家族や、仕事で関わる人に恵まれてきてて、
   長くいいおつきあいさせてもらってるから、 
   そういう人たちがいなくなったらどうしようかなぁと考えだすと、涙がでちゃう。
   今がずっと続けばいいと本気で思うし。寂しがりやなのかなぁ?自覚ないけど。」
H 「寂しがりやさんとは感じませんけどね。とても自由な感じですし。
   でも、いいことなんじゃないですか、普通もっと良い生活がしたい、とか
   もっとたくさんって人は思いがちなのに、今がずっと続けばいいということは、
   今に幸せをしっかり感じているということですよ。」
か 「【足る事を知る】ってことかな。だってこれ以上何かって思ったら
   バチあたっちゃいそうだよ!(笑)だから今あるものを大事に出来たらいいね。」
H  「【足る事を知る】いい言葉ですね。」

 ***** その間、数時間 *****

か 「。。。でも、もし今いてくれる人たちがいなくなったらって考えたら怖くなっちゃうって、
   やっぱり執着なのかな?私なんかちょっとだけ幸せ恐怖症みたいな所があって、
   いつもこんなにハッピーだと、長くは続かないかもしれないなんて思っちゃうんだ。
   執着ってなんかやだね。苦しくなっちゃう気がしない?
   すべての事に執着がなくなったら、人はもっともっと自由になれるのにね!」
H 「僕から見えるかおちゃんはいろんな事に興味を持ちつつ無為自然で
   どんと構えてる感じだけどね。」  

「無為自然」、私がものを作る時、いつもこんな風にカタチにできたらいいなぁと思っていること。
気づかないうちに私がいつも思っていることを引き出されて、ちょっと驚いてしまいました。

なんとなく哲学的で、自分の考え方を要求されるフランス的なとある日常会話。

でも、こんな会話ができる日常にもまた感謝。
[PR]
by nanayecao | 2010-09-05 10:57