<   2011年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

撮影で、雪の信州へ!

f0175616_22191340.jpg

ホテルの部屋からの景色。
つららに感動!

水曜から2泊3日で、雑誌の撮影の為冬の信州へ行って来ました。

スキーもスノーボードもしない私が雪山へ?

f0175616_22232758.jpg


ウィンタースポーツをしない人でも楽しみ方がたくさんある冬の信州。
この時のお話はまた時をみてお話したいと思います。

f0175616_22223556.jpg

お世話になった大好きなホテルのロビー。


f0175616_22234293.jpg

たくさんの思い出を胸にただいま!
[PR]
by nanayecao | 2011-01-29 22:25 |

PALAU 番外編

パラオの旅日記の番外編、パラオでお買い物したものをご紹介

f0175616_15512656.jpg

「シンクマット」
お台所のシンクでグラスを洗う時とか、じかにシンクに置いてグラスが割れたり、
逆にシンクに傷がついたりするのを防ぐマットです。
花柄がかわいくて、日本の雑貨屋さんでも見ていたのですが、
1500円くらいするので
「どうしようかな〜?」
と迷っていましたが、パラオはなんと日本円で約190円!
即購入しました。

f0175616_1554373.jpg

「スポンジ」
ダイバーの妹が去年の秋パラオで買って来てくれて、
ポップでかわいい柄と使いやすさと長持ちするので
気に入って使っているスポンジ。
日本円で約100円前後。
普段はこれと、「ひろりんたわし」を使っています!


f0175616_15561087.jpg

「yogi Tea」
日常的に愛飲している「yogi Tea」。
有機栽培のお茶と、アーユルヴェーダ製法を組合せた、心・体・精神の自然なバランスの回復・維持の為の身体に良いオーガニックティー。
日本の1/3くらいのお値段で、今回は2種類購入。
おいてある全種買えばよかった。。。と後悔。
私は風邪のひき始めに
yogiの「ジンジャー」と「レモンジンジャー」を飲むと治ってしまいます。


f0175616_1621464.jpg

「ノニ茶」
「ノニ」はアジア〜オセアニア中心に生息するモリンダシトリフォリアという植物で
パラオやポリネシア、ミクロネシア諸島では「Gift from God 」(神様からの贈り物)
とよばれ、古くから医療にも使用されてきました。
ビタミン、ミネラル、必須アミノ酸、ポリフェノールを多く含み、
身体にとても良いそうです。
パラオ産の有機ノニのお茶を購入。初挑戦です!
これが一番高いお買い物でした。

f0175616_1611919.jpg

「Veggie チップス」
見た目はジャンクですが、
天然塩や植物性の油等を使用したベジタリアン向けのチップ。
海外はどこの国にもかならずベジィ向けのお菓子や食品がそろっていて、
日本はちょっとだけ遅れているなぁと思ってしまう。
薄味ですが、お野菜の味がほんのりと美味しいお菓子です。
[PR]
by nanayecao | 2011-01-29 16:13 |

2010年12月31日 〜最終日〜

f0175616_1105478.jpg


最終日。
男子チームは朝から船に乗り海へ魚釣りへ、
女子チームはパラオで人気のマーケットでお弁当を買い
ホテルから車で5分ほどの距離にある
地元の人々が訪れる目の前が海の公園でピクニックをしました。


f0175616_1141849.jpg

ここは、パブリックスペースなので、
誰でもが自由に訪れることが出来ます。
バーベキューができる場所もあり、
この日は大晦日ということもあり、
たくさんの人たちがバーベキューパーティーをしていました。
私たちはお弁当とビールで乾杯。
今日は大晦日だなんて信じられないくらい、
ゆったりした時間を過ごす。


f0175616_1171478.jpg

私の妹が作った葉っぱのお面。
姪っ子ちゃんが大喜びでした!

f0175616_1173367.jpg



海外を旅して、
色々な違いをたくさん感じるけれど、
圧倒的な違いを私が感じるのは
「休日」の過ごし方です。

日本でお休みというと、
どこかへお買い物に出かけたり、
カラオケやゲーム、
ディズニーランドやアミューズメントパークへ行ったり。
お金を使った遊びや、
人が作りだした遊びに参加するということが多い感じ。
それに比べて海外は
サンドウィッチとお酒を鞄に詰めて、
今日のように近くにある公園や海でピクニックという
お金をかけずに、遊びが「暮らし」の近くにある気がします。

お昼ご飯をみんなで食べて、
目の前にある海へ飛び込んで、
近くに落ちている大きな葉っぱでお面を作って。
そして、肌をなでる暖かい南風を感じながら、
ゆるやかに流れて行く時間を過ごす贅沢さを
みんなで
「こういう時間が一番幸せで贅沢だよねぇ。」
と話しながら、
自然がすぐ傍にあるパラオを羨ましく思いました。

時間が来たので、海から上がろうとすると、
「もうおしまい〜?」
と泣く姪っ子ちゃんをみんなで
「またみんなで来られるから。」
となだめながらホテルへ向かう。

釣りへ出かけた男子チームを待つ間、
荷物のパッキング。
旅の終わりが近い事を感じ、ちょっと切なくなる。

「ぼちぼち釣れたよ!」
と日本では珍しい、南国の魚を持ち帰った釣りチームが
着替え終わるまでホテルのバーへ。

f0175616_11234570.jpg

屋内と屋外両方でお酒を楽しめる素敵なバーで、
私たちは毎夜、外で海を眺めながら
1日起こった出来事をつれづれなるままに話し合いました。


f0175616_1124896.jpg

白ワイン、美味しかった!

f0175616_11254964.jpg

ホテルから、海へ出る時、この入り江を抜けて行きます。
ここからの眺めもこの入り江を抜ける瞬間も
大好きでした。

荷造りが完了し、再びクロちゃんが迎えに来てくれたので、
クロちゃんのお兄さんの家の「ニューイヤーパーティ」へ行く。
クロちゃんと出会って、クロちゃんの親戚までも仲良くしてくれている。
海を渡ったと遠い国で、家族のような友達がいるって、本当に幸せだなぁと思う。
マレーシアのシーさん然り。

クロちゃんのお兄さん家族が地元のお料理を作っておもてなしをしてくれました。
にぎやかで盛大なニューイヤーパーティ。
「きっと2011年はみんなハッピーな1年になるね!」
そういって乾杯をしました。

これで、パラオの旅のお話はおしまいです。

2011年、私は新年を「パラオ国際空港」の出発ロビーで、
私のパートナーと両親、妹2人、その旦那様達と、妹の義理のお母様と姪っ子ちゃん、
そしてたくさんの見知らぬ旅人たちと
「A Happy New Year!」
のかけ声で迎えました。
新しい1年の出発を思わせる素敵な始まりで、
5人だった家族に、どんどん新しい家族が増えて、
そんな大事な家族全員と迎える事が出来た素晴らしい元旦。

旅は私にとってとても大切なものです。
日常と離れることで、
新しい、未知の感動をくれると同時に、
日常生活の中であたりまえになっている大切なものや、
友達、家族、大切な人たち
自分のベーシックになって、いるものに対して
改めて「感謝」の気持ちを感じることが出来るからです。

「きっと旅の多い1年になる。」
そんな予感と、
家族や大事な人たちとの出会いに
「ありがとう」
と強く思ったパラオの旅でした。
[PR]
by nanayecao | 2011-01-29 11:40 |

2010年12月30日 〜4日目〜

f0175616_19124655.jpg


今日は、ダイビングチームと魚釣りチームに分かれて行動。
私はダイビングチームへ参加!
人生初の体験ダイビング。

今までもパラオには数回来ていましたが、
一度もやったことのないダイビング。
2010年は富士山に登って、山の上の景色を知り、
今度は海の底の世界を見たくなったのでした。
妹2人はライセンスを持っているので、
私もいずれとろうかなぁと思っています。

f0175616_19151697.jpg

妹夫婦。ダイビングのポイントマップを見ています。


f0175616_19161897.jpg


f0175616_19155395.jpg

海の底は不思議な世界。
音がなくて、自分の呼吸の音だけがくりかえし聴こえてきます。
「あなた、上手ですね。」
とインストラクターの方にほめていただきました。
単に怖がらないから?

お昼ご飯は、魚釣りチームとある島で合流。
私はなぜかこの島が大好き!
小さな島だけれど、目の前に広がる美しい景色と、
海の透明度が素晴らしいから。


f0175616_19191574.jpg


f0175616_19203328.jpg


f0175616_1920599.jpg


自然が生み出す色の美しさは、
きっと人の手では、つくることが出来ないと感じます。

f0175616_19232959.jpg

お昼ご飯をすませ、2本目のダイブ。
少し慣れてきたのか、一回目の時より、周りの景色を楽しめるようになって来ました。
また、是非潜りたい!


f0175616_19234813.jpg

島にある木の根っこに釘付けになってしまいました。
ものすごい強さの生命力を感じました。


魚釣りチームと別れ、先にホテルに戻った私たちは、
着替えをすませ、ホテルに隣接する水族館へ。
色とりどりの魚が姿をみせるも、
昨日、今日と自分で見た海の美しさには及びませんでした。

f0175616_1926371.jpg


f0175616_1926232.jpg


f0175616_19261258.jpg


魚釣りチームが戻ってきたので、
夕方はクロちゃんのお宅の少し早い「ニューイヤーパーティー」へ!
大晦日に、パラオを出発する私たちの為に
年越しパーティーを開いてくれたのでした。

ローカルメニューとお酒と音楽で
踊ったり、笑ったり、楽しい夜を過ごしました。
[PR]
by nanayecao | 2011-01-25 19:30 |

2010年12月29日 〜3日目〜 後編

f0175616_052911.jpg

世界中でここでしかみられない幻想的な景色。
「Jelly Fish Lake」


無人島でランチをすませた後、
パラオで最も有名な観光名所である
「Jelly Fish Lake」へ向かった。

この湖は元々は海で太古の昔地殻変動で出来上がった湖。
海で生息していたくらげ達が、
湖では外敵が現れない為、
毒を持った足が退化し現在に至る。
刺される心配がないため、無数のクラゲと一緒に泳ぐ事が出来ます。

もう、それは幻想的で。
私はここを訪れるのが3度目なのですが、
毎回
「宇宙だ!」
と思います。
そして、なぜか
「お母さんのお腹の中にいたときは、きっとこんな感じだったんだなぁ。」
と思ってしまう。
記憶の片隅に産まれる前のことが刻まれているのかしら?

f0175616_0154779.jpg


「Jelly Fish Lake」の次はクロちゃんツアーならではの
「サメ」と一緒にシュノーケル。
自分が泳いでいるすぐ近くをサメが通り過ぎていく、
とてもエキサイティングな体験。

f0175616_0173142.jpg

f0175616_0174812.jpg

どこのシュノーケルポイントでも魚は本当にたくさん!

そして、この最後に訪れたのは、
こちらもパラオの観光名所「ミルキーウェイ」。
その名の通り、乳白色の見た事のない色の海、
海の底に沈殿している白い泥によって生み出される色なのだそう。
また、その泥はミネラル分を多く含むため、
最近では化粧品として開発されているとの事でした。

f0175616_022095.jpg

f0175616_028371.jpg


f0175616_025369.jpg


アイランドホッピングツアーを満喫した私たち。
一日中遊んで、ちょっとお疲れ気味ではありましたが、
船で一旦ホテルへ戻り、着替えてクロちゃんオススメの地元のレストランへ
ディナーへ向かいました。

f0175616_0255312.jpg

美味しいマングローブ蟹。身がぎっしりです!

みんなで食事を楽しんだ後、ホテルのバーで今日の反省会。
とにかく1日楽しかった!
「明日はどんな楽しい事がまっているんだろうね?」
と話しながら、充実した1日は幕を閉じました。
[PR]
by nanayecao | 2011-01-25 00:27 |

2010年12月29日 〜3日目〜 前編

f0175616_16104565.jpg


翌日、目を覚ますと抜けるような青空が広がる。
快晴。
クロちゃんが船でホテルまで迎えに来てくれた。
一同、ボートに乗り込み、1日パラオの観光名所を巡る
「アイランドホッピング」へ出発!

f0175616_16251770.jpg

穏やかで、波がなく鏡のように空を映した海を
滑るように進む。

f0175616_161214100.jpg

パラオは第二次世界大戦の際、激戦区だった為、
所々に悲しい歴史の名残を残しています。
大砲がその時の面影を色濃く物語っています。

f0175616_16152327.jpg

ボートも、海も怖がらない勇敢な姪っ子ちゃん。
好奇心旺盛な所も我が一族の血筋?

f0175616_16163417.jpg



f0175616_1626579.jpg


最初のシュノーケルポイント、「沈没船」。
ボートをとめると回りにはお魚がたくさん!

沈没船を見たあと、カラフルな珊瑚の集まる場所、
ナポレオンフィシュが群れで泳ぐ珊瑚礁と
海の中の美しい世界を次々と堪能。
パラオの海の美しさは世界でも屈指で
世界中からたくさんのダイバーが訪れています。
船の上から、海をのぞくと底が見えるほどの透明度に驚きます。
クロちゃんに
「ここ、どれくらい深いの?」
と聞くと
「15〜20mくらいじゃないかな?」
と答えが帰ってきて、ビックリ!
海の中に入ると、水槽の中を泳いでいるような気持ちになります。

f0175616_16264534.jpg

いくつかシュノーケルポイントを周り、お昼の時間になったので
近くの無人島へ向かい、みんなでランチ


f0175616_16274959.jpg


f0175616_16281044.jpg


f0175616_16285256.jpg


お腹も満たされ、一息ついて落ちついたので
みんな無人島で思い思いの時間を過ごす。
映画にでてきそうな美しい島の景色、
写真を撮ったり、
波うちぎわで貝殻や珊瑚を探したり。
いつまでも泳いでいられそうな気持ちのよい温度の海、
午後の緩やかなひとときをみんな満喫したようでした。
f0175616_16335138.jpg
f0175616_16333297.jpg
f0175616_16332354.jpg
f0175616_16331140.jpg
f0175616_16325718.jpg
f0175616_16323613.jpg

[PR]
by nanayecao | 2011-01-23 16:34 |

2010年12月28日 〜2日目〜

f0175616_2174043.jpg


f0175616_2172890.jpg


朝、目が覚めると昨夜到着したときは、夜に吸い込まれていた南国の景色が目の前に広がる。
気づかなかったけれど、ホテルの前は海、
私たちが宿泊しているホテルは、船着き場に隣接した場所にあったのでした。
桟橋を歩いて、下を覗き込めば珊瑚礁の海。
珊瑚や小さな魚がたくさん見られます。

「おばちゃん!(私のこと)おかなさん(お魚さんのこと)いっぱいいるねぇ。」
姪っ子ちゃん、大興奮!です。

今日は夕方から妹の結婚式、それまでみんなでおみやげやショッピングの為街へ出る。
パラオ、コロール島にあるショッピング施設は主に二つ。
道路を挟んで向かい合わせにあるショッピング施設でお買い物。



f0175616_21193379.jpg

色彩が美しいフルーツ売り場

f0175616_21194536.jpg

ジンジャーが山盛り売られているのが面白くて、つい写真におさめてしまいました。


私はどこの国を旅してもスーパーマーケットに必ず立ち寄ります。
そうすることで、その国の、土地の暮らしに触れる事ができるからです。

みんなでランチをすませた後、結婚式の準備の為ホテルへ戻る。
夕方17:30に迎えが来るとの事でそれぞれがドレスアップして
桟橋に集合。


f0175616_212357100.jpg

なんと、ウエディングパーティーはクルーザーでの船上ウエディングなのでした。

f0175616_2125449.jpg

3姉妹と姪っ子ちゃん。ママのウエディングドレス姿をどう見ていたのかしら?

f0175616_21255957.jpg

f0175616_21272069.jpg

私たちを乗せたクルーザーは、入り江を抜けてパラオの海へ向かいます。


f0175616_2127143.jpg



f0175616_21281753.jpg

f0175616_21275131.jpg

生演奏にあわせて踊る姪っ子ちゃん!ずっとずっと踊り続けていました。
f0175616_2129104.jpg


いよいよ結婚式の始まりです!
f0175616_21312278.jpg

f0175616_2130281.jpg

f0175616_21293496.jpg
f0175616_21305742.jpg
f0175616_21304334.jpg
f0175616_21303029.jpg
f0175616_21301671.jpg


徐々に夜は更けて行きます。
f0175616_213257.jpg

f0175616_2132395.jpg


空は満天の星、いつまでも続けばいいなぁと思った幸せな結婚式。

f0175616_21335499.jpg

f0175616_21341878.jpg


ホテルに到着するまで、まるで夢のような時間でした。
妹ちゃん、旦那さん、そして姪っ子ちゃん。
いつまでもお幸せに!
[PR]
by nanayecao | 2011-01-18 21:35 |

2010年12月27日〜1日目〜

パラオへ向けて、一行は中部国際空港セントレアへ集合。
年末の出国ラッシュより少し日にちが早い為か
人影まばらな空港。
チェックインも、出国審査もとてもスムーズ。

出発までに少し時間があったので、
3階にあるカフェでお茶をする。
時は、ちょうど夕暮れ、2010年日本で見る最後の美しい夕陽を見送りながら
優雅な時間を過ごす。

f0175616_23461463.jpg


出国審査をすませ、免税店をのぞいたり、
軽食をすませたり、それぞれ自由行動、
飛行機へ乗り込む。

f0175616_23532971.jpg

ちいさな姪っ子ちゃん、大冒険の始まり。

日本航空のチャータ便で、パラオまで約4時間半、
機内食を食べたり、映画を見たりしているうちに
瞬く間にパラオへ到着。


f0175616_23564189.jpg
f0175616_23562212.jpg

パラオ国際空港の壁にかかった絵。パラオの景色とそこに暮らす人たちが描かれています。

空港へ降り立った瞬間、そこは南国、
むうっとした湿り気をおびた温かい空気に包まれる。
「ああ、南の島へ来たんだなぁ。」
と実感する。
そしてとても寒かった日本の事を、瞬時に忘れてしまう。

入国審査に若干時間をとられるも、
全員、無事、パラオ共和国へ入国。
飛行機へ預けていた荷物を受け取り、ゲートを出ると、
パラオにいる親戚のような友人スウィング(以後 クロちゃん)が一行を出迎えてくれた。


f0175616_015757.jpg

「久しぶり!」クロちゃんとの再会に感激!そしてHUG!

移動のバスに乗り込みホテルへ移動。
ホテルに到着した後、それぞれの部屋に荷物を移動し、
父と母の部屋で全員集合、
そして、みんなでパラオへ来られた喜びと
クロちゃんとの再会にビールで乾杯!

パラオ初日の夜はこうして更けてゆくのでした。
[PR]
by nanayecao | 2011-01-17 00:05 |

PALAU 2010-2011 ~大人の夏休み〜

f0175616_1224418.jpg


2010年も終わろうとしている12月27日、私は中部国際空港セントレアにいました。
3姉妹の一番下の妹の結婚式の為、
極寒の日本から常夏の島、パラオ共和国へ。

もの凄いスピードで過ぎた2010年
「1年間おつかれさま!」
という気持ちで飛行機へ乗り込みました。

写真と供に、その6日間をこれから振り返ってみたいと思います。

f0175616_127292.jpg

2010年、日本で見る最後の夕日。中部国際空港セントレアで。
[PR]
by nanayecao | 2011-01-16 01:28 |

プレゼント

f0175616_23383068.jpg

親友からのプレゼント、ジュエリーボックス。
この箱自体が宝石のようで、
キレイでうっとりします。


10日の夕方、親友の美鈴ちゃんから電話があって、
「渡したいものがあるからあと10分くらいでお家に行くね!」
といって、
「はい、遅くなったけどクリスマスプレゼント!」
とくれたジュエリーボックス。
嬉しかった!!!

お洒落でセンスのよい美鈴ちゃんならではの素敵なプレゼント。

美鈴ちゃんは去年は一緒にお仕事をしたり、
公私ともに本当に仲良しで、
1年半くらい前にうちから歩いて10分ほどの所に越してきてからは、
もうほんとうに頻繁に会っていました。

メールで
「ガスる?(ガストで集合する?)」
「いいよ、何時に?」
と、お互いの家のちょうど真ん中にあるガストで会っては
つれづれなるままに話をして、
私の事は何でも知ってるんじゃないかと思うくらい。

そんな美鈴ちゃんが今月末、新しい土地へお引っ越し、
じわじわと寂しさを感じている今日この頃。
お互いの関係が変わる訳ではないけれど、
女子高生みたいに、本当にいつもいつも一緒にいたから。

新しい引っ越し先に飾る写真のお仕事をいただいたので、
想いをこめて選んで、額も探して、という作業をしたい。

という訳で、私の頭の中は今、そのことばかりです!
f0175616_23473130.jpg

[PR]
by nanayecao | 2011-01-12 23:47