泣くな10円

f0175616_2256397.jpg

いつも、たいてい、ハッピーな私。
そんな私にもこんな日があるのです。

久しぶりに
「感動」と「幸せ」
以外で泣きました。

お仕事で、心が折れた。

涙がぽたぽた落ちた。

でも、家に帰る前に
以前パリに住んでいて、今は結婚して東京に住んでいる
お友達のともちゃんが名古屋に帰ってきていて
久しぶりに会って、お茶をしながら
「女の人って、淋しくて不幸なのもダメだけど、彼ができて、結婚したりして
幸せなのはいいけれど、ただぼんやり幸せなのも女としてくすむよね。」
なんて、フランス的日常会話をしているうちに
8割がた元気になって、
お家に帰って、先日宮さんにいただいたお野菜の
里芋のおでんを食べたら、
「ああ、美味しい。」
と幸せな気持ちになって、
温かいお風呂に入って、
無添加ワインを飲んだら、
もう、なぜ泣いたかもどうでもいいような気がしてきています。

後は、ちょっとふてくされながらも
大好きなレースのついた毛布にくるまって
(いわゆるお化け 写真参照 )
ふかふかのお布団でぐっすり眠ったら、
きっと明日の朝には
「さぁ、今日も頑張ろう!」
ってさわやかに目覚める
いつもの朝がくるだろう。
で、美容院行こう。
(なぜか、泣くと美容院へ行きたくなる。)

私はきっと基本的に「楽天的」な精神構造をしている。
そんな風に産んでくれた親に感謝。
そして、小さい時私や妹が泣くと
なぜか母は
「泣くな10円」
と言った。
その言葉が意味もなく、なぜだか笑えてしまい
涙が止まった。
今度意味を母に聞いてみよう。
(おそらく意味なのどないだろうけれど。)

今日も、お布団の中で思い出そう。
ありったけの幸せな思い出と
大好きな人、
そして
「泣くな10円」

おやすみなさい
[PR]
by nanayecao | 2010-10-06 23:09
<< サスティライトフェスに出演します! すべてがある所 >>